ニキビ跡はタバコが原因なの?

ニキビ跡はタバコが原因なの?

ノンエー

最近は、女性の社会進出が広がったことで、ストレス解消のためにタバコを手放せないという人が多いですよね。

 

タバコが肌や健康に良くない…ということは分かっているけど、どうしてもやめられないという人もいるんじゃないでしょうか。

 

もし、あなたがニキビ跡に悩まされていて、一向に回復しないのであれば、その原因はタバコのせいかもしれません。

 

 

実はタバコとニキビ悪化には深い関係があるんですよ。

 

 

タバコを吸うとビタミンCが大量に使われてしまいます。

ビタミンCは美肌ビタミンとも言われるほど、美しい肌のキープには欠かせない栄養素なんです。

 

ビタミンCがないと、コラーゲンを作ることができず、新陳代謝も悪くなるんです。
となると、ニキビ跡解消に不可欠な肌のターンオーバーサイクルも乱れて、ずっと肌表面にニキビ跡が残ったままの状態になってしまいます。

 

それに加えて、ビタミンCがないと、皮脂が過剰に分泌されるようになるため、ニキビ跡自体が治りにくくなるんです。

 

また、タバコに含まれているニコチンは血管を収縮させる作用があり、血流を悪くしてしまいます。

血流が悪くなると肌のターンオーバーが遅れがちになるだけでなく、血液に乗って運ばれるはずの栄養や酸素がちゃんと運ばれなくなるため、肌自体が栄養&酸素不足になってしまうので、肌回復する力が衰えてしまうんですよ。

 

なので、もしニキビ跡が治らないことに悩んでいるのであれば、タバコを止めてみることをおすすめします。
まずは、量を減らすことからトライしてみてくださいね。