ノンエーとビーグレンはどちらがニキビにおすすめ?

ノンエーとビーグレンのスペックとは?

ノンエー

ノンエーとビーグレンはどちらがニキビにおすすめ?

 

ノンエーについて

ノンエーにはニキビケアに優れた成分が多彩に含まれていて、
ニキビ予防に効果的なスペックをもったアイテム。

 

含まれる成分「グリチルリチン酸2K」は植物から抽出された天然成分で皮膚の炎症を抑える作用をもち、炎症により発生しているニキビに対して特に効果的です。

 

さらに皮脂の分泌を抑える働きをもった「ダイズエキス」も配合されています。

 

ニキビの主原因のひとつが皮脂の過剰分泌ですが、
これを防ぐ働きがあるためニキビ予防に優れた成分となっています。

 

思春期ニキビから大人ニキビまで幅広い方におすすめの商品です。

 

ビーグレンについて

ビーグレンは、特に大人ニキビに効果的なスペックをもった商品です。

 

ビーグレンは「界面活性剤」を使用していません。
界面活性剤は非常に強い洗浄力がある反面、必要な皮脂まで洗い流してしまうことがあります。

 

結果、皮脂は肌を守ろうとより皮脂を分泌、ニキビの原因となってしまうのです。

 

また6種類の天然ハーブ「オウゴンエキス、カミツレエキス」等が配合されているため、
ニキビの広がりを防止する働きもあります。

 

さらに特許を取得している「高濃度ビタミンC」を配合しているため、
ニキビだけでなくニキビ痕や乾燥肌へのスキンケアできる商品となっています。

 

ノンエー石鹸 最安値

 

ノンエーとビーグレンはどちらがニキビにおすすめ?<目次>

 

ノンエーとビーグレンの悪い点と良い点

 

ノンエーの良い点

定期コースを使うと最大25%オフで購入ができます。
定期コース初回〜3回目は16%オフ、4回目からは25%オフでずっと購入ができます。

 

毎日使う物だから出来る限り安く購入したいですよね。
ノンエーは長く使えば使うほどお得になります。

 

ノンエーの悪い点

返金保障が他者の製品と比べて少し短め。
防腐剤を一切使っていないため、消費期限が早いからというのもあるとは思いますが1週間はバタバタしますよね。

 

すぐに効果がでる人ならいいのですが、大半の人はニキビに効果があるのか確かめる間もなく保証期間が切れてしまいます。

 

見た目に効果は現れるのが遅い人でも、すっきり洗えた泡の感じがいいと使い心地に満足するので返金する人は少ないそうですが、もう少し保証期間を延ばしてもいいのではないかなと思います。

 

ビーグレンの良い点。

対応がとても丁寧で好感がもてます。
まず公式サイトで悩み別におすすめのケア用品を考えてくれます。

 

ニキビケア用のトライアルセットも用意されており、洗顔15g、ローション20ml、美容液5ml、保湿ゲル7gが1,944円で購入できます。

 

送料が無料、365日返金保障、年中無休24時間サポートと保障面もばっちりです。
24時間サポートでは製品だけでなく肌の悩みも聞いてもらえます。

 

ビーグレンの悪い点

洗顔が通常価格4,212円と少しお高め。
定期コースの割引もあるのですが、個数によっての割引になります。

 

1個購入で5%、2個購入で10%、3個購入で20%、4個以上購入で最大の25%の割引。
シリーズで使えたら割引も大きくなりますが、学生さんいはちょっと手が出にくいお値段となります。

 

ニキビ撃退!ノンエーとビーグレンの成分比較!

ノンエーに含まれる成分

注目はニキビ対策に必要不可欠なグリチルリチン酸ジカリウム。炎症を抑えてくれる成分です。
濃密な泡が毛穴の奥に入り、しっかりと成分を届けてくれるのでニキビ対策になるのです。

 

他にも肌の調子を整えてくれるダイズエキス、クワエキス、ローヤルゼリーエキス、スクワランなどの有効成分が入っています。

 

ビーグレンに含まれる成分

注目は天然クレイ。クレイとは泥パックなどに使われる土の成分です。
ビーグレンは優れた吸着力で汚れだけを落とし、うるおいを残してくれる「モンモリロナイト」を使用。

 

成分はグリチルリチン酸ジカリウム、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸とノンエーと似た感じです。

 

ゲル状のクリームでマッサージするように洗うだけ。
泡立ては必要ありません。

 

肌の刺激となる成分はフェノキシエタノール、石油系界面活性剤。

 

石油系界面活性剤は汚れや油分はがっつり落ちますが肌荒れの原因となる可能性があるので注意が必要です。
エタノールも肌が乾燥しやすくなるというデメリットがあります。

 

まとめ

ビーグレンは評判が良いので、刺激となる成分はそう気にするまでもなさそうです。
けれどニキビができている肌はデリケートなのでできれば何の刺激も無いものを使う事をおすすめします。

 

本当の無添加石鹸を使いたいのならばノンエーが良いでしょう。

ノンエーとビーグレンはどちらがニキビにおすすめ?

ニキビに悩んでいる方は少なくないですが、
スキンケアの方法を見直すことでニキビトラブルを防ぐことも可能なので、
肌質を整えてくれる洗顔料を利用する方が増えてきています。

 

ニキビ肌に効果が高いとして人気があるのはノンエー石鹸と、ビーグレンクレイウォッシュの二つですが、
実際にどちらが良いのか判断出来ないという方も少なくありません。

 

ビーグレンの特徴

ノンエーとビーグレンはどちらがニキビにおすすめ?

 

ノンエーとビーグレンを比較すると、ビーグレンクレイウォッシュは150gで4,104円となっています。

 

一つで約1ヶ月使用することができることや、初めて利用する方に向けてクレイウォッシュを含めたトライアルセットが8種あるのも大きな特徴となっています。

 

有効成分にはモンモリロナイト、グリチルリチン酸ジカリウム、スクワラン、カモミラエキス、ヒアルロン酸が配合されます。

 

ノンエーの特徴

ノンエー

 

ノンエー石鹸は一個100gで2,940円となっており約3ヶ月使用することができます。

 

初めて購入する方限定で商品と一緒にお試しミニサイズがもらえるメリットがあります。
肌に良いとされる有効成分にはアミノ酸、ヒアルロン酸、リピジュアが配合されます。

 

二つを比較するとコストパフォーマンスが高く、
ニキビ肌を整える成分が配合されているとしてノンエー石鹸がおすすめです。

 

 

ノンエー石鹸 最安値