ノンエーとBUSOはどちらがニキビにおすすめか?

ノンエーとBUSOのスペックとは?

ノンエー

ノンエーとBUSOはどちらがニキビにおすすめか?

 

 

ニキビ予防や美肌のために男性化粧品を購入されると思いますが、
ノンエーとBUSOのメーカーがありますが、気になるのはスペックです。

 

ノンエーについて

ノンエーの石鹸の大きな特徴は、少量の水でも泡立ちが非常に良く、
弾力がしっかりとしていて、さらっとしています。

 

優しく洗い上げることができるので、肌を刺激しませんからニキビに悩まされている方にもオススメです。
その他にも保湿効果、毛穴の汚れやくすみを改善してくれます。

 

スペックとしましても、ローヤルゼリー、ヒアルロン酸。リピシュアといった
保湿成分が配合されており乾燥を予防できます。

 

BUSOについて

BUSOですが、きめ細かい泡を作り出して、毛穴の汚れだけを吸着して取り除いてくれます。

 

基本的にはノンエーと似ていますが、こだわりの保湿成分が配合されていまして、
人工的には作りだせない高純度フルボ酸、コラーゲンペプチド、グリコシルトレハロース、
ヒアルロン酸、はちみつ等が含まれています。

 

 

ニキビケアに保湿はいらないと考えている方はいるかもしれませんが、どちらの石鹸も保湿を重要としており、保湿成分が含まれていることによって肌に潤いを与えて、肌をまもり、ニキビができやすい敏感な肌を優しく洗うことができます。

 

ノンエー石鹸 最安値

 

ノンエーとBUSOはどちらがニキビにおすすめか?<目次>

 

ノンエーとBUSOの悪い点と良い点

ノンエーの悪い点

ネットで持ち上げられすぎている。
ノンエーを調べたらよい評価ばかりで逆にちょっと不安ですよね。
ニキビ対策は長期戦です。

 

ネットの良い評価を見て「すぐに効果がでるんだ」と思い込んでいると実際使ってみてがっかりしてしまうかもしれません。

 

ニキビが重度であればあるほど表面に出てくるには時間がかかります。
けれどノンエーの成分は良いものばかりなので時間をかければ高確率で良い効果が表れるでしょう。

 

ノンエーの良い点

少量できめの細かい泡が作れるので長持ちします。
1個の石鹸で2〜3か月はもちますので1回あたりの金額は市販の石鹸よりも安いくらいになります。

 

全て天然成分で作られており、肌に優しいけれどしっかり洗えることから老若男女全ての人に安心して使う事ができます。

 

BUSOの悪い点

きめ細かい泡が特徴的とかかれていますが、口コミを見るとネットを使ってもシャバシャバという意見がありました。

 

しっかりを泡立てると大量に消費してしまい、1か月ほどしか持たないという声も…。
一番気になるのはイソプロパノールという防腐剤が入っているので、目に入ってしまうと危険という点。

 

洗顔の際は泡が目に入らないよう注意してください。

 

BUSOの良い点

スキンケアを得意とする女性がプロデュースしたメンズ用の美肌を作る石鹸。
公式ホームページには悩み別のスキンケア方法や女性からのコラム等が掲載されています。

 

よく泡立てれば髭剃り用のシェービングクリームとしても使えるので忙しい男性にはありがたいですね。
枠練り製法という製法で作られており、型崩れせずに最後まで綺麗にしっかりと使えます。

 

化粧水、乳液、美容液が1本になったオールインワンジェルも発売されており、スキンケアも手軽にできます。

 

ニキビ撃退!ノンエーとBUSOの成分比較!

BUSOに含まれる成分

有効成分は高純度フルボ酸。堆積土から抽出された成分で汚れを吸着してくれます。アミノ酸やミネラルといった天然保湿成分も豊富に含まれています。

 

その他はコラーゲンペプチド、ヒアルロン酸、グリコシルトレハロース、ハチミツ、カワラヨモギエキス、ドクダミといった保湿成分が多数。

 

男性が気にしているテカリやべたつき。
保湿をすることによって肌が正常になり、皮脂の過剰分泌を抑えることができます。

 

成分を見ると男性のべたつきやすい肌のことを考えて作られているのが分かりますね。

 

肌の刺激となる成分はイソプロパノールという防腐剤。身体に蓄積されるという報告もあるので、長く使い続けることに少し不安がでますね。

 

あとはエタノールが含まれているようです。
敏感肌の人は使用前にパッチテストを行った方がよいでしょう。

 

ノンエーに含まれる成分

ノンエーはニキビ用の石鹸なので、ニキビの炎症を抑えるグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。

 

その他にも肌の調子を整えるダイズエキス、クワエキス、ローヤルゼリーエキス、スクワラン、ヒアルロン酸、海藻エキスなどの有効成分が配合。

 

ノンエーは全て天然成分。防腐剤も入っておりません。

 

石鹸は生ものなので防腐剤が入っていないとすぐに腐ってしまいます。
なのでノンエーは使用期限が短め(開封後3か月)

 

生産や在庫のことを考えると防腐剤入れて使用期限を長めにした方が会社にはメリットがあるはずなのに。使う人の肌のことを第一に考えているのが分かりますね。

ノンエーとBUSOはどちらがニキビにおすすめか?

男性用の石鹸としては、ノンエーとBUSOがあります。
ノンエーはニキビ対策を謳っている商品であり、BUSOは美肌用を謳っている商品です。

 

BUSOの特徴

ノンエーとBUSOはどちらがニキビにおすすめか?

 

BUSOに配合されている成分は、高純度フルボ酸やグリコシルトレハロース、コラーゲンペプチドなどです。ノンエーとは違って、肌の潤いを引き出す事を重視し、最低限の皮脂を残しつつ顔の汚れを落としていく商品です。

 

ノンエーの特徴

ノンエー

 

ノンエーの有効成分にはグリチルリチン酸ジカリウムが配合されています。
この成分は、ニキビの炎症を抑える効果がありますので、ノンエーを使う事は効果的であるという事が分かります。

 

 

両方の製品の成分を比較していきますと!

ニキビに効果がある男性用洗顔石鹸はノンエーである事が分かります。

 

グリチルリチン酸ジカリウムがニキビの炎症を抑えてくれますので、赤ニキビなどに効果が期待出来ます。

 

また、その他にも、女性ホルモンのような働きを持つダイズエキスは皮脂の分泌量をコントロールしてくれますので、アクネ桿菌が好む皮脂を減らせば、アクネ桿菌が増殖する環境が無くなってきますので、ニキビになる確率も減っていきます。

 

クワエキスは、抗酸化作用とメラニン生成の抑制作用がありますので、ニキビ痕やシミを防ぐ事が期待出来るでしょう。

 

 

ノンエー石鹸 最安値

 

buso